各大学所在地

佐久大学

佐久大学

佐久大学は、長野県・佐久市・JA長野厚生連等の医療機関からの要請を受けて、2008(平成20)年4月に佐久市に開学した大学院看護学研究科、看護学部看護学科、別科助産専攻を有する看護系大学です。
開学以来、建学の精神である「知を求め 徳を高め 愛に生きよう」と教育理念である「自律 創造 友愛」に基づき、人格を磨き、慈しむ心を養い、広い教養に裏付けられた看護専門教育を展開しています。

学長挨拶

学長 堀内ふき

佐久大学は、看護学部看護学科を2008(平成20)年に、翌年には別科助産専攻を、そして、2012(平成24)年には大学院看護学研究科看護学専攻(修士課程)を開設しました。また、2018(平成30)年からは大学院教育において、保健師助産師看護師法に基づく特定行為研修の指定研修機関として、在宅・施設などで活動するナースプラクティショナーの育成を開始しました。
本学では、建学の精神にあるように、学問を深めることによって、「知」すなわち真理を探究し、「徳」すなわち精神的に優れ、人々から慕われる人となり、「愛」すなわち他者への思いやりをもち、想像力をもってその人の痛みや気持ちを感じ理解しようと努力し、社会に貢献できる人の育成を目的とした教育を展開しています。
その実現のために、本学では「自ら学び、自ら考える力」を育成することを大切にするとともに、健康長寿・地域医療の先進地である“佐久”で学ぶということを重視し、地域の充実した病院や介護施設、市町村保健センターや訪問看護ステーションなどでの「臨地に学ぶ」、「患者さんに学ぶ」ことを実践しています。
また、本学は地域との連携にも積極的に取り組んでいます。公開講座の開催や足から始める健康づくりに関するプロジェクト研究や相談の実施、本学卒業生等への研究支援のための看護研究塾の開講など、様々な活動を行っています。この地に佐久大学があることを知ってもらい、活用してもらうことで地域社会の発展に貢献していきたいと考えています。さらに、国際的な活動として、今後我が国と同じように少子高齢化への対応が喫緊の課題であるアジア諸国との老年看護学教育や認知症ケアに関する学びの共有、母子保健活動の支援なども推進しています。
このような佐久大学の教育活動は、学生の広い視野を育て、幅広い、バランスのとれた人となり、看護学の発展に寄与し、看護のケアの質を高めるため、地域に、そして世界に羽ばたいてくれるものと期待しています。
そして、この高等教育コンソーシアム信州に加盟する大学の連携・協力によって、本学学生はもとより、長野県内の大学生たちが、より多くの教育機会に恵まれ、幅広い教育を受けられることは大変喜ばしいことと思っております。

〒385-0022 長野県佐久市岩村田2384
TEL.0267-68-6680(代表) http://www.saku.ac.jp/