各学校所在地

長野大学

長野大学

平成29年4月1日から、上田市が設置する公立大学として、新生「長野大学」が誕生しました。地域の課題を担うために、公立大学法人として大学を発展的に改組し、地域住民及び自治体と手を携えながら、「地域人材の循環システム」及び「地域課題の解決システム」を構築したいと考えています。将来この地域を担おうとする意識・意欲の高い学生を受入れ、教養・専門・地域協働教育によりしっかりと育て、地域の優良企業・組織のリーダーや地域社会の中核的人物として送り出そうと考えています。
長野大学は、私学50年の歴史を受け継ぎ、現在次の3学部を有しています。時代の要請に適った福祉マインドをもつ専門職業人を育成する「社会福祉学部」、環境・観光・ビジネス・地域づくりを学び、共生型社会に貢献できる人材を育成する「環境ツーリズム学部」、企業や社会から求められている実践的な課題を解決できる人材を育成する「企業情報学部」です。それぞれの学部では、体験型の学習スタイルを採り入れて、少人数教育を行っています。
また、地域に根ざし世界に開かれた大学として、「知の共同体」をキャンパス内に構築するために、学生の「自己成長」支援体制の追求や地域に貢献する学術研究の展開など、5項目からなる「長野大学憲章」を定め、本学すべての構成員の指針としています。

学長挨拶

学長 中村英三

地域から必要とされる人材を育て続けたい
私たちの生きる社会はますます複雑になり、未来はさらに不確かなものになっています。このような社会では、「自ら学び」、「自ら考え」、「主体的に判断する」ことが、より必要になってきています。大学が社会の要請に応えるためには、講義中心の知識刷り込み型の教育だけではいけないと長野大学は考えています。
そこで、長野大学ではゼミナール中心の少人数教育を前面に掲げ、少人数教育のなかでの対話と討論を通じ、学生と学生・学生と教員が共に未解決の問題に協働して取り組み、できなかったことができるようになる歓びを共に分かち合う「協働学修型」の教育へ、大きく舵をきっています。この教育方法は、自分の考えを自らの言葉で述べ、他者の意見を聴くことが大切であり、このような学びのなかからそれぞれが思いがけない「視野の拡大」をすることができます。対話と討論の訓練を積むことにより、自分自身が直面している課題に対して「何かがおかしい」とか「なんとなく違和感がある」という「感じ」を自らの力で明晰に表現できる人材が育まれます。この問題の所在を明晰に表現できる人材こそが真に地域社会に必要な人材だと考えています。困難に直面しても「打たれ強い」人材を長野大学は育成し続けたいと考えています。

〒386-1298 長野県上田市下之郷658‐1
TEL.0268-39-0001(代表) http://www.nagano.ac.jp/
ページ先頭へ戻る
TEL 0263-37-2427 FAX 0263-36-3044 MAIL